03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

ジャンクガレッジ@甲府昭和 

11月25日にオープンするアリオ倉敷。
そこに入る「ジャンクガレッジ」

西日本初の店舗。アリオにも初の店舗。それが岡山、それも地元倉敷で気軽に食えるのは実にありがたい。
おそらく埼玉や千葉、山梨のイオンモールの中に入っているタイプと同じと思われる。
そこで予習がてら一番近い山梨のイオンモールのお店に行ってみた。


ここもフードコートの一角にあります。

今回はジャンクガレッジの代名詞「まぜそば」を注文。
並(200グラム)中(300グラム)大(400グラム)とあり今回は並を注文。
無料トッピングがニンニク、アブラ、チーズの3種類。これはデフォには入っていない。

センターに卵黄。フライドガーリック、フライドオニオンにもやし、おかか、ブタ1枚がのっています。
無料トッピングはニンニクとチーズをお願いしました。

そしてこれをひたすら混ぜます。

麺は関東では有名な浅草開化楼の麺。県内にはえびすらーめんが使ってますね。
茹で時間は約8分。

食べ進めると少し単調なんで飽き気味になります。
ここで途中で酢やブラックペッパーがあるんでこれを使うとまたさらに味が変わって楽しめる。

特製まぜそばなるものがあります。これは豚が1枚追加され、エビ辛マヨネーズとベビースターが更に乗る模様。

あとガッツリ系のラーメンはヤサイの盛が選べるようです。

このラーメンが早く倉敷で食べてみたいなぁ~


今日食べたラーメン:まぜそば¥750
自己評価:C
スポンサーサイト

[edit]

麺屋 いわ田@北区表町 

いわ田のつけ麺が未食だったので行ってみました。



モチモチの麺で実に美味いです。

濃厚魚介豚骨の甘みのあるつけ汁です。珍しくもやしが入っています。
始めは普通に食べ最後に魚粉を混ぜ麺にレモンを絞って食べます。
レモンの爽やかな酸味はつけ汁に入ると新たな味になりました。


岡山県でもつけ麺がやっと認知されつつありますね。

[edit]

萬福軒@玉野 

今日は「濃厚つけめん」を提供すると聞きつけ玉野まで行ってきました。




濃厚なつけ汁。豚骨を7時間ほど炊き出し濾したものだそうです。

冨士麺10番の麺。

しっかりと麺につけ汁が絡みます。

スープ割りをしてごちそうさま。

[edit]

宮田麺児@東心斎橋 

ラーメン博の帰り新大阪で途中下車。
以前から行きたかったお店に行ってみます。

お笑い芸人シャンプーハット。
ボケの小出水とツッコミのてつじ。てつじは吉本一のつけ麺好き芸人らしい。
そのてつじが今年心斎橋につけ麺専門店を開店。
芸能人の名前だけのお店では無くてつじ自身のつけ麺に対するこだわりがお店には詰まっているようだ。
現在東京・浜松町で開催されている「大つけ麺博」にも最近まで参加していた。

お店の入り口には相方小出水が書いたてつじの絵が飾ってある。

このお店カップル率が異常に高かった。僕が入店するまで待っていたお客は100%カップル。中に入っても女性同士かカップルまたは男女グループ。男一人は僕だけという完全アウェー状態で入店。

今回は一番ベーシックなT2G(¥850)を購入。
茹で時間は約12分。

スープはボンゴレポタージュスープ。
トマトと玉ねぎがしっかりと感じられます。卓上には魚粉がありこれを入れる事で全く違う味わいに変化します。
麺はてつじオリジナル麺。全粒粉の麺でぷりぷり感が良い感じでした。

雰囲気はカップル主体のお店。長居は無用なんで今回は早々に店を出ました・・・
今度は彼女と来るかな。


今日食べたつけ麺:T2G¥850
自己評価:B

[edit]

烏城 -ujo- 

県内のつけ麺専門店といえば「えびすらーめん」と「カロリー」

「えびすらーめん」は岡山駅から歩いて行けることもあり数回足を運んだが「カロリー」は旧西署の近くで車で行かないと行けないので足が遠のいていた。

すると昨年「カロリー」がいきなり閉店。結局1度も口にすることなかった・・・

しかしその地に新たに「烏城」というお店が登場。

このお店名前の通り黒を基調にしたお店。元うどん職人で「カロリー」の味に惚れ込んで味を継承、昇華させている。(カロリーの主人は四国でパティシエをしているとの情報が)

今回は並盛り250g(¥680)に追加チャーシュー1枚(¥100)を注文

「茹であげに10分くらいかかります」と声をかけられる。元うどん職人の経験を生かしその日の気候・気温に合わせ茹で時間を変えているとの事だ。(当日は8分)



来ました。大きなチャーシューに少し長めのメンマ。
麺は冨士麺謹製。やはりつけ麺にぴったりのモチモチ感。これは美味い。

つけ汁は少し酢が効いたものだが魚介の風味も感じられる。

「えびすらーめん」とはまた違うつけ麺ですね。

並盛なのであっという間に完食。カウンターに置かれたポットにはカツオスープが入っていてこれをつけ汁に入れスープ割り。こちらも全つゆ。美味しく頂きました。

濃厚とんこつ魚介の「えびすらーめん」 大勝軒テイストの「烏城」気分によって食べ比べてはいかがだろうか?

今日食べたつけ麺:並(¥680)チャーシュー1枚追加(¥100)
自己評価:C

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。